最近注目されているFXというのは、英語のフォーリンイクスチェンジの略で、日本では外国為替証拠金取引と訳されています。自国の通貨と海外の通貨を交換し続けることをFXといい、利益

FXとは??

FXとは

最近、テレビや雑誌などでも、手持ちの少ない資金を増やす為の方法としてよく取り上げられているのがFXといわれるものです。
通常、そのままエフエックスと読まれていますが、これは英語のフォーリンイクスチェンジという言葉の頭文字、フォーリンのFにイクスチェンジのXからとって、略してFXと呼ばれています。
フォーリンイクスチェンジというのは、日本語に訳すときは、外国の為替を証拠金というものをもとにしてする取引として、外国為替証拠金取引、と訳されています。
FXというのは、現在自分が住んでいる国の通貨とは違う国の通貨と交換するということです。
もっともポピュラーなのはアメリカドルですが、それ以外にも多く取り引きされているのは、ヨーロッパ諸国で使われているユーロ、イギリスのポンド、オーストラリアのオーストラリアドルです。
ですが、FXでやり取りされている通貨というのは世界の国の数と同じほどあります。
国の領土の大きさや、人口の数にかかわらず、FXの世界では取り引きされています。
外貨に関わることというのは、自分が海外旅行にいった際などに限定されてしまいがちで、アメリカドルなどは身近に感じるけれど、例えばメキシコのペソという通貨は、メキシコ旅行しなければ関わりが無いと思います。
つまり、普段は実際に旅行に行かないとその通貨の価値や存在などは考えもしませんが、FXでは、を日本にいながら考え、取り引きすることなのです。
FXというのは、ネット上で、外国の通貨を交換することです。
その交換によって利益を得たり、または損益を出してしまったりというのが、FXといわれているものです。
たとえば、1ドル100円で買ったものが、数分後や数時間後には105円になったとします。
その時に売ると、5円の利益がでます。
反対に値段が下がり、80円になってしまったとします。
すると20円の損益を出してしまったことになります。
このように通貨を交換していくことをFXと言います。
ブックマークする SNS
このエントリーをはてなブックマークに追加

Copyright (C)2014FXとは??.All rights reserved.