膨大な英語の勉強時間

もうすぐTOEICを受けないといけないのです。今、勤めている会社の次の昇進の基準としてTOEIC700点というのが設定されているのでこれをクリアしないといけない、というわけです。

入社して何年も経つけれど、未だにこのTOEICのテストに悩まされます。TOEIC用の勉強をしたところで実際の英語力がつかないことはわかっていて、こんな無駄なことはしたくはないのですが、会社がTOEICの基準点を定めているのだからこれに従うしかありません。

世の中の流れとして英語力が必要だ、ということになっていて、確かに、英語が必要な場面がたまに出てくるのですが、果たして、こんなに膨大な勉強時間をかけてまで本当に英語力は必要なのだろうか、いつも思います。いわゆる英語ができる人たちは早々に、そんなハードルをクリアして、さらなる上を目指していている一方で、私は、TOEICの基準点をクリアするためにきゅうきゅうとしているのです。

というようなありさまで、日本ではTOEICは一つのビジネスを形成しているのです。今までTOEIC対策の勉強はして、実際の試験にのぞんでいたけれども、今度はさらに準備としてTOEIC模試を受験してから受けようと思っています。

これでなんとか700点をクリアできれば…。